顔のシミ取り薬に配合されている成分と効果

肌に出来た憎いシミを和らげたり、改善するには、
色素沈着をなくすための効果的な成分が入っている
シミ取り薬やサプリがとても有効的なんです。

 

ここでは、そのような薬やサプリに入っている成分を
期待が望める効果と一緒にご紹介いたします。

 

 

効果別で見る有効成分

 

メラニン生成を抑える
アスコルビン酸・ビタミンC

 ビタミンC 画像

 

活性酵素を抑制する抗酸化ビタミンとして知られており、
美容と健康になくてはならないアンチエイジング成分です。

 

メラニン生成を抑えるのは当然ですし、疲労回復、
コラーゲン生成、歯茎の出血を止める、風邪を予防するなど
万能です。

 

 

L-システイン

 

髪や皮膚、爪などにあり、体の代謝をサポートするアミノ酸の一つ。
食事などからは摂ることが難しいので、不足がちになりやすい
成分です。

 

シミの原因となる余計なメラニンの発生を抑え、
存在しているメラニンを無色にする作用を持っています。

 

そして体の中のコラーゲンを生成を助ける力があるので、
肌の弾力やハリを保持することが出来るので
いろいろな肌トラブルに効果があります。

 

 

インドキノキ

 

インドで古来から老化防止に効く成分として、
とても愛されてきた植物エキスです。

 

インドキノキは過酷な太陽光を浴びつつ大きく成長するので、
生命力がとても強く、その芯から採られる成分には、
とても高い美白効果があることが知られています。

 

 

トランサミン・トラネキサム酸

 

皮膚科などでシミを治す薬として主に処方される成分で、
抗炎症、抗出血、抗アレルギー作用があります。
湿疹や口内炎にも効くと言われています。

 

 

メラニン排出

 

アスタキサンチン

 

抗酸化作用があるカロテノイドの1つで、赤色色素を
持っています。他の成分と比較しても大差で抗酸化力が高く、
最近大注目のアンチエイジング成分です。

 

活性酸素をなくしてくれる力がとても高いので、
メラニンも取り除いて色素沈着を予防してくれます。

 

すでにあるシミにも効き目があるという研究の結果もある
とても期待出来る成分です。

 

 

ビタミンE

 

色素沈着を抑えるために効いてくれる美白成分です。
抗酸化力が強く、肌の代謝をアップしてくれ、
老化を防いでくれます。

 

大きなポイントとして、抗酸化作用がとても強いために、
活性酸素を取り除いて余計なメラニンを外に出してくれる作用が
ありますので、シミを防ぐのにとても効果があるとされています。

 

 

肌の代謝アップ・ターンオーバーを促す

 

セラミド

 

肌の代謝をアップするためには、細胞の中にたっぷりと水分を
キープしなければなりません。
セラミドは、保水効果が抜群なので、肌細胞にたくさん水分を
抱えて、保ってくれる作用があります。

 

保湿がしっかりされており、健やかな肌は、ターンオーバーが
しっかり出来ますので、シミの原因となるメラニンなどを
きちんと外に出すことが出来ます。

 

 

プラセンタ

 

メラニン生成を抑制する作用もありますが、血流を促す作用もあり、
奥深くある真皮の新陳代謝をアップすることも可能で、
メラニン色素も含んだ古い細胞を排出してくれます。

 

なので、真皮まで沈着が進んだ奥深いシミにも
とても有効的な成分として有名です。

 

 

副作用・危険性

 

・多くのシミ取り薬で、重い副作用や危険な事例は言われていませんが
医薬品指定されている商品は、用法用量を厳守して服用しましょう。

 

・飲み方を間違った時や、たくさん飲んでしまうことで
嘔吐やお腹が痛くなるなどの、予想もしない副作用が出てしまうことも
ありますので気を付けましょう。

 

・妊娠中や授乳中などにも心配なく服用できる商品も多数あるので
ホルモンバランスが乱れたことが原因でシミが出来やすくなっている
とても敏感な時期にもぴったりです。

 

・アスコルビン酸などのビタミンCをたくさん含むサプリや医薬品を
飲んでいることで尿や便が濃い黄色になることがありますが、
心配いりませんのでご安心下さい。