シミを作らないようにするには?予防と改善方法

シミが出来てしまう原因はいろいろあることを説明しましたが
全てのことに関わって来るのがメラニン色素なんですね。

 

なので、シミ予防や今あるシミを改善するには、
もちろんメラニンの働きを妨害する必要があります。

 

 

シミ予防に効き目があることとは何か

 

シミが出来るのに大きく関係してくるものは
メラニンと紫外線です。

 

紫外線対策については
たくさんの方が意識的に行っていることでしょう。

 

日焼け止めは元より、手袋や日傘などのいろいろな対策用品も
たくさん売られていますし、基礎化粧品でもほとんどが
美白シリーズがちゃんとありますよね。

 

でも、こんなに気を使ってお手入れをしているつもりでも
つい不注意で日焼けしてしまったり、防ぐことが出来ない時も
たくさんあるでしょう。

 

せっかく日焼け止めを塗ったのになぁと思ったりすること、
誰でもあったりしませんか?

 

こんな時は、普段からもっと基本的なことから予防をしておくと
ついつい・・・という場合もそんなに大打撃になることはなく、
シミそばかすや日焼けなどの色素沈着を予防出来るんですね。

 

 

この予防こそが、肌の中に潜んでいるメラニンの数を減らしておく
ということなんです。大げさに言ってしまえば、紫外線の下に
どんなに長時間いたとしてもメラニンという色素細胞の存在がなければ
色素沈着は起きることはないということなんです。

 

当然ですが、メラニンは体にとって大事な作用がある細胞の1つでもあり
紫外線を浴びてしまった時でも体をガードするためにもっとたくさん
作るように指令が出てしまうんです。

 

でも、予想以上に生成されてしまったり、肌のターンオーバーが乱れて
余計なメラニンが外に出されなかったりすると、肌トラブルやダメージに
結びついてしまうんです。

 

 

シミを作らないために覚えておきたい点は、

 

紫外線をたくさん浴びないこと
余計なメラニン生成を抑えること
肌の代謝を促進し、余計なメラニンをしっかり排出すること

 

 

これらをきちんとするためには、基礎化粧品や日焼け止めなどで
肌を外部から時期にお手入れすることと一緒に、体内から行う
インナーケアをすることがとても重要です。

 

そこで効果的に行うために、シミに効果的なサプリや医薬品を
取り入れると良いですよ、

 

それらの商品は、メラニン生成を抑えたり、肌のターンオーバーを
正常に戻す作用があるため、シミの原因を体の中から除去します。

 

 

シミが出来た時は

 シミ 画像

 

シミは出来てしまったらもう二度と消えない、ということを耳に
したことがある方は多いでしょう。

 

これを耳にしてから、出来てしまったシミをもう諦め、
そのまま放置している方も大勢いることではないでしょうか?

 

もちろんレーザー治療などでシミを削って取ることは出来ますが、
一度着色してしまった色素は完全にはなくならないとも言われて
いるんです。

 

しかし、ケアの方法によってはとても薄く、周辺の肌の色と
同じような色まで元に戻すことも出来ます。

 

 

何度も言っていますが、肌のターンオーバーを促進して、
正常な肌の生まれ変わりのサイクルにすると、
メラニン色素をきちんと外に出すことが出来るでしょう。

 

反対のことを言えば、肌の正常な働きが行われることがなければ
シミの生成が続くので、レーザー治療などで一度にシミを取っても
その原因の元はまだ存在しますので、何度もシミは出来るんです。

 

大事なことは、その時だけのケアだけではなく、
肌を健やかな状態にしてそれを保つことです。